« 昆布がとれない沖縄の昆布料理 | トップページ | 大根いろいろ »

2006/12/24

大根は大陸からやって来た

大根は地中海沿岸が原産地であるという説があります。
そうではなくて大根の野生種が中央アジアで生まれ、それがヨーロッパ方面と中国方面に伝播していったのだと考えている研究者もいるようです。

            ○

仮に大根が中央アジアで生まれたとしても、既に紀元前2200年という大昔に、エジプトでも大根が栽培されていました。
ピラミッド建設に従事していた労働者に、玉ねぎやにんにくと共に大根が配給されていたという記録が残されているのです。

古代ギリシャでも紀元前には大根が食べられていました。
この時代のギリシャでは、大根が金の器に盛られ神前に供えられていたようで、この野菜が珍重されていたことが伺えます。

            ○

紀元前1100年に編纂された中国最古の辞書『爾雅(ジガ)』にも大根についての記述があります。
中国で大根は「盧葩(ルパ)」や「莢菔(ラパ)」、「羅蔔(ロポ)」と呼ばれていたこともあったようです。
インドネシアで大根を意味する言葉の「lobak(ロバ)」は中国語の蘿蔔が語源になっていると考えられています。
日本語で千切りにした大根を「千六本」といいますが、これも中国語で大根の千切りを意味する「繊羅蔔(チェンロポ)」という言葉に由来しているのです。

            ○

日本に大根が伝わったのは紀元前三世紀ころの縄文時代後期頃という説があります。
弥生時代には里の周辺で里芋や豆などと共に大根が栽培されていました。

8世紀に書かれた日本最古の文献である『古事記』にも大根が出てきます。
『古事記』の中に仁徳天皇の歌があり、この歌の中に大根が詠み込まれているのです。

つぎねふ 山城女の 木鍬持ち
うちし大根 根白の 白腕
纏かずば来ばこそ 知らずとも言はめ

この歌で仁徳天皇は皇后の腕が大根のようだとしており、皇后の腕の白さを褒めるための比喩として大根が使われています。
仁徳天皇の別の歌には「於朋泥(おほね) 」として大根が詠み込まれたものがあるようですが、『古事記』の中の仁徳天皇の歌に登場する「大根(おほね)」という表記が日本の文献に出てくる最古のダイコンについての記述とされています。

            ○

日本ではダイコンを「大根(おほね)」と呼ぶ他に「土大根(つちおおね)」と呼んでいた時代もあったようですが、江戸時代になると「だいこん」という呼び名が一般的に定着しました。

その江戸時代には、大根は米や麦などと同格の食品として扱われ、飢饉対策の面から大根栽培は重視されていたといいます。

長い歴史を経て、外来の野菜であった大根は、まるでもともと日本に自生していた植物のように日本人には馴染み深い野菜となりました。
現在でも日本では、じゃがいもに次いで大根が最も生産量が多い野菜であり、日本人の食とは切っても切り離せない食材であると言えます。

            ○

日本の大根栽培の長い歴史の中で、太さや大きさが異なる様々な品種の大根がつくられました。
しかし、もしも同じ品種が店頭で売られている場合は、太くてズッシリと重いものを選んだ方が良いようです。
重量があるものは生育が良く水分を多く含んでいる証拠だからです。
その他の良品の見分け方としては、根の数が少なく白い部分の外皮が滑らかでツルッとした感じのものを選ぶと良いといいます。
カットされているものを選ぶときは、断面にスが入っておらず、きめが細かくて水分を多く含んだ感じのものを選ぶと良いようです。

大根に葉をつけたままにしておくと、葉が養分を吸収してしまい、白い根の部分の栄養が減少してしまうので、葉付きの大根を購入後は、なるべく根に近いところで葉を切り落としてから保存して下さい。
もちろん葉の部分は捨てるのではなく、漬物や味噌汁、細かく切って炒めて食べてもおいしいですね。

<参考書籍>

高橋素子(2001)『Q&A 野菜の全疑問—八百屋さんも知らないその正体』講談社
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(2003)『野菜のソムリエ—おいしい野菜とフルーツの見つけ方』小学館
大場秀章(2004)『サラダ野菜の植物史 新潮選書』新潮社
吉田よし子(1998)『野菜物語—大地のおいしい贈りもの』TOTO出版
タキイ種苗株式会社出版部(2002)『都道府県別地方野菜大全』農山漁村文化協会
吉田よし子(1988)『香辛料の民族学—カレーの木とワサビの木』中央公論社
浪川寛治三(1996)『野菜物語—たべもの探訪』一書房
石毛直道(2004)『食卓の文化誌』岩波書店

<大根関連>

OXO 大根グレーター OXO 大根グレーター

by G-Tools
おでんくん だいこん先生 S おでんくん だいこん先生 S

by G-Tools
あおくび大根ほっこり帖 あおくび大根ほっこり帖
サダタロー


by G-Tools

|

« 昆布がとれない沖縄の昆布料理 | トップページ | 大根いろいろ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62471/13182093

この記事へのトラックバック一覧です: 大根は大陸からやって来た:

« 昆布がとれない沖縄の昆布料理 | トップページ | 大根いろいろ »