« パンと火縄銃とキリスト教 | トップページ | 山芋のとろろと山薬 »

2006/11/01

パンと戦争

徳川幕府による鎖国政策によってキリスト教が排除され、それに伴ってキリスト教の聖餐式で欠かせないパンを作ることも禁じられたことから、江戸時代を通じてパンは庶民から遠ざけられることになりました。(関連:「パンと火縄銃とキリスト教」)
そんなパン作りが日本で復活したのは幕末から明治に掛けての頃です。

            ○

1840年に清とイギリスの間でアヘン戦争が始まったことで、日本国内で外国脅威論がわき起こり、徳川幕府は外国からの攻撃に備えて国土防衛対策を練る必要に迫られました。
戦時の兵士の食事については、飯を炊けば煙が出て敵方に味方の位置を知られてしまうことが問題視されていました。
そこで兵の携行食として考えられたのがパンでした。
パンを食べるのに煮炊きの必要はなく、軽量で行軍時の携帯に向くことから、軍用糧食としてパンが採用されたのです。

            ○

兵糧食としてのパンの開発に従事した一人に伊豆韮山代官の江川太郎左衛門というひとがいました。
江川も鹿狩りのときにパンを食べた経験があり、糧食としてのパンに注目していたことから、長崎で外国人からパンの作り方を学んだ者を呼び寄せて手ほどきを受け、江川はパンを試作することにしたのです。
そして1842年4月12日に国産のパン焼き窯が誕生し、長らく途絶えていた日本での日本人によるパン作りが再開されました。
江川がパンを試作した日にちなんで、今でも毎月12日は「パンの日」とされています。

            ○

1860年には外国人居留地があった横浜の異人館近くで、野田兵吾というひとが日本人としては最初のパン屋を開業しています。
しかし、野田兵吾が販売していたパンは粉を捏ねて焼いただけの、いわゆる無発酵パンだったらしいといわれています。

勿論、野田兵吾がパンを作った時代にパン種がなかったわけではありません。
江戸時代にはパンを作るためのパン種として甘酒が使われた記録が残されており、1854年に日米和親条約が締結され開国された後は、ホップ種が日本に入ってくるようになっていました。

            ○

明治元年になると横浜の外国人居留地で、外国人経営のパン屋が開業されています。
ところで、この当時の日本で販売されていたパンはフランスパンが主でした。
徳川幕府がフランス人技師達を招いて製鉄所などの建設を試みていた頃から、日本で作られたパンはフランスパンが主流となったのです。
しかし明治維新後は薩摩藩と親密な関係にあったイギリスからの派遣技師が増えたことから、中力粉に近い粘りの出にくい小麦粉を使うフランスパンではなく、強力粉系の小麦粉を使って上部が山形になり柔らかく焼き上がるイギリス式の食パンが多く作られるようになりました。
時代は下って第二次大戦後になると、量産に向くフタ付きの型で焼かれるアメリカ式の四角いパンが主に作られるようになり、日本人はこれを食パンと呼ぶようになります。
その時代の外国勢力の日本での影響力の強さが日本でのパン作りにも反映されたのです。

            ○

横浜で外国人によるパン屋が開業した明治元年には戊辰戦争が起きており、東北遠征用として、長期保存可能な黒ごま入り堅パン5000人分を薩摩藩が江戸の凮月堂に注文したという記録が残されています。
この戊辰戦争で用いられたパンには将来予想された外国との戦争時のシュミレーション的な意味もあったと考えられています。

            ○

その後、明治10(1877)年に士族と明治政府軍が戦った西南の役でも、政府軍はパンの注文を木村屋とつたもとパン、三河屋パンの3店に出しており、このときに発注されたパンは全部で23万7063斤にもなりました。
雨中の決戦となった田原坂の戦いで政府軍が勝利した一つの要因は、政府軍兵士が煮炊きの必要のないパンを携帯していたためだったともいわれています。

            ○

このように、鎖国のために日本でのパン作りが事実上禁止された江戸時代から、徳川幕府の力が弱まった幕末にパン作りは再開され、明治になると本格的にパン作りが行われるようになりました。
しかし、この時代のパン作りはパンを食べたいという庶民のニーズを満たすということよりも、明治維新という争乱時代の軍用糧食としての面が強く、パンが民間に広まっていくのは政情が安定し洋食が普及するもう少し後の時代になってからのことだったのです。

<参考書籍>

大塚滋(1997)『パンと麺と日本人—小麦からの贈りもの』集英社
大山真人 (2001)『銀座木村屋あんパン物語』平凡社
岡田哲(2000)『とんかつの誕生—明治洋食事始め』講談社

<パン関連>

自動ホームベーカリー(横長1.5斤/1斤) ふっくらパン屋さん HBH 917 自動ホームベーカリー(横長1.5斤/1斤) ふっくらパン屋さん HBH 917

by G-Tools
POP職人 Vol.19 パン屋・ケーキ屋編 POP職人 Vol.19 パン屋・ケーキ屋編

by G-Tools
フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ-どんどん作りたくなってくるおかずとお菓子とパン91点    別冊すてきな奥さん フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ-どんどん作りたくなってくるおかずとお菓子とパン91点    別冊すてきな奥さん
村田 裕子

by G-Tools

|

« パンと火縄銃とキリスト教 | トップページ | 山芋のとろろと山薬 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62471/12513378

この記事へのトラックバック一覧です: パンと戦争:

« パンと火縄銃とキリスト教 | トップページ | 山芋のとろろと山薬 »