« 韓国のスープは湯(タン) | トップページ | パンと火縄銃とキリスト教 »

2006/10/27

さつまいもと中国と沖縄

さつまいもは、いくつかのルートを通じてアメリカ大陸から世界に広まっていったと見られており(関連:「さつまいも太古の海を渡る」)、15世紀末から16世紀頃にスペイン船によって中米からフィリピンに運ばれたルートもさつまいもの主要伝播経路の一つだと考えられています。

そして、スペインの貿易地だったルソン島(現在のフィリピンのマニラ)から、16世紀後半にさつまいもは中国南部に伝えられました。
一説によると、中国福建省の商人がルソンでさつまいもの苗を入手し、故郷に持ち帰って栽培したのが中国でのさつまいも栽培の始まりとなり、1594年に福建省で起きた飢饉が切っ掛けとなって、さつまいもが飢饉対策になることが知られるようになり、中国全土へさつまいも栽培が普及していったといわれています。

さつまいもの皮が紅紫色だったことから、当時の中国では「朱薯」としたり、外国から伝えられた芋という意味で「蕃藷」と書き表したりしました。

            ○

Potato 中国でさつまいも栽培が広まりつつあった16〜17世紀に、中国福建省の対岸に位置する琉球(現在の沖縄)にもさつまいもは伝えられました。

1597年に宮古島にさつまいもが伝来したという説があります。
宮古島の真氏砂川旨屋(しんしすながわしんや)というひとが海難に遭って中国まで流され、そこでさつまいもを知り、故郷に戻るときにさつまいもの蔓を持ち帰ったという話しが残されているのです。
しかし、この話しが事実だとしても、このときのさつまいも栽培は失敗に終わっており、さつまいもが普及するには到らなかったようです。

            ○

沖縄でのさつまいも普及の歴史で必ず登場するのが野国総管(ぬぐんそうかん)と儀間真常(ぎましんじょう)の二人です。
中国で飢饉が起きた時にさつまいもによって多数の命が救われたことを中国進貢船で中国に渡っていた琉球の野国総管が知り、1605年に鉢植えにした三品種のさつまいもの苗を持ち帰って故郷の野国村で栽培を始めました。
その後、野国総管は近隣の村にもさつまいも栽培を広めましたが、これを儀間真常(ぎましんじょう)という人が聞きつけ、さつまいもの苗を貰い受けて自分の領地である垣花村(現在の那覇市山下町)で栽培の研究を重ねたといいます。
数年後に琉球で大飢饉が起きたとき、さつまいもを栽培していた地域では餓死者が出なかったことから、新常が中央の王府にさつまいも栽培の重要性を説き、その後10年間でさつまいも栽培は琉球王国全体に広められました。

            ○

T990911農耕の歴史が始まってから、琉球でも稲や麦など様々な穀物の栽培が試みられましたが、珊瑚礁の島であることから耕作に適した土地が少なく、しかも貧土が多かったため農作物の生産性は低く、高温多湿の気候や毎年起こる台風や旱魃などによる被害も多発したため、琉球での農作はなかなかうまくいかず度々飢饉が起きていました。

その点、さつまいもは地中で生育するため少雨や強風に耐えることができ、気候条件の厳しい琉球でも栽培が可能だったのです。
狭い土地から多くのエネルギーを得ることができるさつまいも栽培は琉球の地で急速に広まりました。
さつまいもとその葉が一緒に味噌汁にされるなどして、さつまいもは庶民の主食となり、貧しい家では殆どの食事がさつまいも中心になりました。
後に琉球でさつまいもは豚の餌としても用いられるようになり、養豚も盛んになっています。(関連:「豚肉と日本人」)
さつまいもの伝来以降、琉球に住む人達の栄養状態は改善され、人口も増加していくことになりました。

            ○

その後、琉球で「ンム」とよばれたさつまいもは薩摩に伝わり、そして日本全国に広まっていきました。
さつまいもがある程度日本で普及した頃、薩摩が既にさつまいもの主産地となっていたためか、日本での呼び名は「さつまいも」になりましたが、現在でも南九州ではさつまいものことを「唐いも」や「琉球いも」と呼んでいるそうです。

<参考書籍>

坂井健吉(1999)『さつまいも』法政大学出版局
宮城重二(2003)『沖縄の食材・料理—長寿日本一を支える沖縄の食文化』東方出版
安達巌(2004)『日本型食生活の歴史』新泉社

<さつまいも関連>

半分のさつまいも 半分のさつまいも
海老名 香葉子


by G-Tools
沖縄離島の島あそび島ごはん 沖縄離島の島あそび島ごはん
今村 治華


by G-Tools
キャプテンスタッグ 焼きいも用石<3kg> M-5532 キャプテンスタッグ 焼きいも用石<3kg> M-5532

by G-Tools

|

« 韓国のスープは湯(タン) | トップページ | パンと火縄銃とキリスト教 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62471/12447548

この記事へのトラックバック一覧です: さつまいもと中国と沖縄:

» 季節料理 食文化 [簡単料理レシピ【お菓子作りからお弁当のおかずまで】]
食文化、食にまつわる文化を総称する概念でありそこには食材、調理法.... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 22:59

« 韓国のスープは湯(タン) | トップページ | パンと火縄銃とキリスト教 »