« コシヒカリやデンプンのα化 | トップページ | ジャガイモの原産地 »

2006/07/04

トマトの原産地

トマトの祖先にあたる植物の原産地は南アメリカ西部のアンデス山脈周辺だと考えられています。
この野生種を品種改良し食用としてトマトを栽培し始めたのはメキシコ人だという説があります。
 
          ○

現在、世界中で9種類の野生種トマトが知られています。
その内の8種類はペルーからエクアドルにかけての地域で発見されており、もう一種類はガラパゴス諸島で見つかっています。
これら野生のトマトは有毒で食べることができません。

ペルーで見つかった「ケラシフォルメ」という野生種で有毒のトマトはメキシコでも生育が確認されました。
しかし、メキシコのケラシフォルメは食べることができるのです。

これらのことから、アンデス山脈周辺でトマトの原種が生まれ、メキシコで食用に品種改良されたのではないかと推測されているのです。

<参考書籍>

吉田よし子(1988)『香辛料の民族学―カレーの木とワサビの木』中央公論社
シルヴィア・ジョンソン(1999)『世界を変えた野菜読本―トマト、ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ』晶文社

<関連商品>

永田農法「極上トマト」をベランダで作る 永田農法「極上トマト」をベランダで作る
永田 照喜治

永田農法 おいしさの育て方 糸井重里の つくって食べようおいしい野菜 食は土にあり―永田農法の原点 おいしさのつくり方―永田農法を家庭菜園で おいしさはここにあり

by G-Tools

|

« コシヒカリやデンプンのα化 | トップページ | ジャガイモの原産地 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62471/12035508

この記事へのトラックバック一覧です: トマトの原産地 :

« コシヒカリやデンプンのα化 | トップページ | ジャガイモの原産地 »